古座川電脳塾規約

平成16年4月

(名称、事務局)
第1条  本会は、「古座川電脳塾」と称し、当分の間、事務局を古座川町内に置く。

(目的)
第2条  本会は、次のことを目的として活動する。
 1 コンピュータやインターネットというツールを使って、古座川と熊野地域の特性を活かしつつ、
  住民生活の利便向上や地域の振興を、地域の人たちによって実現する。
 2 地域の人たちのもつ、優れたノウハウ(情報)を相互に活用できるしくみを構築し、
  地域の情報を内外に発信していく。
 3 会員相互や地域の人たちの情報化のレベルアップを目指す。

(事業)
第3条  本会は、次の事業を行う。
 1 定例会議を開催し、会員相互の情報交換をする
 2 会員相互のスキルアップに繋がる研修会の開催
 3 その他本会の目的を達成するために必要な事業

(会員)
第4条  古座川を愛し、情報化に興味のある人を対象とする。
 1 正会員 入会届の提出と年会費を納入した者
 2 準会員 入会届のみを提出した者
 3 メール会員 メーリングリストのみ参加者

 本会員を退くときは、退会届の提出をもって、退会とする。

 古座川電脳塾申込書(MS Word形式)

(役員)
第5条  本会に次の役員を置く
 会長 :(当分の間、置かない)    
 会計 :(当分の間、事務局が兼任)    
 事務局 : 坂本@メンテ  

(会費)
第6条  年間 2,000円

(会計年度)
第7条  4月1日から3月31日までとする。
    
(その他の事項)
第8条  この会則にない事項は、会議で協議の上決める。


 この規約は平成16年4月1日より適用する。