体験型観光 | 古座川町ふるさと振興公社 | みんなの店 | 古座川渓流塾| 古座川街道の宿ネットワーク | 古座川電脳塾 


kozagawa dennojyuku
www.kozagawa.com

   −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
    ┏┏┏ 地域づくり公開講座・レポート ┏┏┏ 
  −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
    ●テーマ 「情報発信による地域づくり」
   ●日時  10月25日(火)19:00〜21:30  
   ●会場  神保館 (串本町中湊)
   ●アドバイザー 松崎 了三 さん
   ●内容  松崎了三さんによる講演とディスカッション
         松崎流のユニークな内容のお話を聞かせていただきました。
         電脳塾メンバーだけでなく、やどやの会のみなさん、県職員の方、
         町長はじめ古座川町役場職員の方々などが出席下さって、
         大いに啓発を受けました。
   

導入、馬路村での商品開発とPR作戦、イメージ戦略、マーケティング戦略について、松崎さんの経験をふまえながら、
独特の語り口でユーモアを交えながら
語り始められました。
消費者が言葉に対してどんなイメージをもっているか。今は安全な食品をもとめているのではないか。
国産、地元、農家直売、有機、生産者などの言葉のついたものが売れている。
いかに知らせていくか。知らせていくことの戦略。いかに商品に対するイメージを形成していくか。ブランド、イメージを形成するのはお客さん。
企画の上で女性の目、視点をどれだけ入れるか。買うのは女性が多い。
季節をテーマにする。日本人は四季を気にする。「秋を送る」というメール。
古座川のイメージは何か。10年前と違うのではないか。何を売るのか。
古座川の新商品は何か。
馬路村では「人」を売り出した。
集まった方々はメモを取りながら熱心に聞き入っていました。
講義のあとのディスカッションでも、「ヒントを得た」「自分に必要なことを聞いた」
等の感想が多かったです。

それぞれ色々な現場で活動されている方々なので、それぞれの場面でこの講義が生かされることと思います。

    松崎さんの地域づくり講座は本年度、あと1回開催する予定です。

    次回は、2006年の1月頃開催予定です。詳細が決定次第、この

    こざがわホームページ上でご案内します。  
 

 ■ 最近の活動
  2005.10.25 地域づくり公開講座 
  2005.10.6 地域アドバイザー来る!
  2005.7.28 里山道場夜会
  2005.6.23 アカメガシワのお寿司
  2005.4.7 ネットでだまされないぞ
  2005.3.10 神保館にて・・
  2005.2.17 久しぶりに・・

    続きを見る・・
 ■ こざがわ電脳塾って?

 コンピュータやインターネットという
 ツールを使って、古座川や熊野地域
 の町おこしができないかな。というの
 が立ちあ げの始まりです。

 続きを読む・・

 ■ LINK
  あゆみファーム
  いこら.com
  紀伊民報
  古座川渓流塾
  古座川水産
  古座川ゆず平井の里
  神保館
  椿道旅館
  ぼたん荘
  明神中学校
  みんなの店
  やまさき屋
  和歌山大学
 (50音順)
事務局 

 和歌山県東牟婁郡古座川町
 古座川電脳塾事務局
 (担当:メンテ@kozagawa.com
       
 
*事務局の所在地について
 
こざがわ電脳塾は、こざがわHP
 古座川町役場関係のコンテンツを
 掲載することがありますが、古座川
 町役場とは別の、ボランティアの有
 志の集まりです。
 現在のところ、建物としての事務所
 はありません。連絡は上記メールに
 てお願いします。

 

ホームへ戻る