高池 栴檀(せんだん)並木通り



並木のあるこの場所は上流の山々から木材の貯木場であった。

古座川が増水したとき、木材が流れ出すのを食い止める網を

はるため、栴檀の木を植えて、網をつないだという。

淡紫色でほのかに甘い香りの栴檀の木が「木材の町高池」の

名残を今に伝えている。


(並木通りに立つ古座川看板名人さんの看板から引用しました)

2006.5 撮影

ホームへ戻る