2007年5月13日(日)実施 「川のゴミ拾いと川の実態を見る」 (2)


 
パートT:真砂〜三尾川(撮影・選者 京大紀伊大島実験所 梅本信也)          


 出発地点を振り返る。
 真砂地区の水は淀んでいる。 

 

 

いよいよ最初の急カーブ。アゼチ橋のほうに進路を西向きに。後船頭の田上さんは機敏に右岸に上り綱を操る。若い頃は筏師だった。
今でも山仕事を続けている。背筋がぴんと伸びている。

 

アゼチ吊橋が見える。

 
3月17日の河川敷試掘地点。感無量である。

 

アゼチ橋やや下流のケヤキ樹

 

 

長追地区のカーブに入り、急に流れが淀み始める。川面を覗くと透明度はあるものの、川底の丸石にはほとんど茶色な珪藻類は認められず、
緑色の緑藻類は一面に繁茂している。