2007年5月13日(日)実施 「川のゴミ拾いと川の実態を見る」 (3)


 
パートT:真砂〜三尾川(撮影・選者 京大紀伊大島実験所 梅本信也)          


 左岸の斜面崩壊。昔はすぐ手入れした。次の降 雨で泥水が流下する。 

 

 

左岸に、1980年代製造のターンテーブル付き電子レンジの残骸を発見、早速回収する田上さん。マグネトロンは欠落していた。
田上さんは視力もいいし、足腰も強い。

 

 佐本川(左)と本流の合流点でゴミ拾い、
 観察兼休憩。

 

佐本川上流方面の景観と川底の様子。清浄で、本流よりも体感で2-3度以上冷たい。アユは小ぶりだが、実に美味らしい。
一方、本流の方は大型で格好もいいが、超不味とのこと。

 

 

佐本川合流点の本流側の川底に不浄な沈殿物が見える。
歩くと、濁りが舞い上がる。

 

 

 大川地区の松の前付近にある長松橋。
 一部の陸上班が橋上で監視中。
 この付近は、佐本川による清浄作用も薄れ、
 水が淀み始めている。