2007年5月13日(日)実施 「川のゴミ拾いと川の実態を見る」 (5)


 
パートT:真砂〜三尾川(撮影・選者 京大紀伊大島実験所 梅本信也)          


淀みのある部分の川底の濁りと砂岸

 

 

斜面に生えるノイバラ。
川下りでは意外に静寂が支配し、せせらぎを除けば、鳥のさえずりと会話、それに棹と船べりの擦れあう音しか聞こえない。船の形状のため、まるでお風呂の中のような音響効果となる。客同士の心の一体感もある。木や花の香り、水の臭いもめまぐるしく変化する。コンクリート臭がすれば、工事現場が近くなる、といった風である。

 

 

端郷集落に近づく。

 

 

 陸上班にゴミ類を手渡す。

 

 

左岸でツルヨシをマルチ材として採取中の夫婦。