第4回 熊野学フォーラム 熊野の霊場と地質遺産のパネル展 in 東京(明治大学)

上記パネル展の企画をされる関係者の方から、以下の案内がありました。

(ご案内)
 このパネル展は、第4回熊野学フォーラムとの並行開催となります。日本の地質百選に選ばれた『古座川弧状岩脈』が登場します。世界遺産『熊野の霊場と参詣道』を、地質の切り口から取り上げたパネル展となります。
 このパネル展 『神宿る熊野 〜魂を昇華させる地質遺産〜』では、神宿る熊野を形づくるのは、熊野カルデラの巨大火山のマグマから生まれた岩体と、はるか遠洋の海底火山で生まれ海洋プレートとともに移動してきた岩体が主なものであること。つまり、熊野の霊場は、マグマに由来する岩体なくしては成立していないことなどを示します。
 ちょっと味の違う、地質展示でしょうか。写真・図版・説明文など、70枚前後のパネル展示になります。東京での開催ですが、どうぞ多くの方のご来場をお待ちしています。

●チラシ画像拡大(表)   チラシ画像拡大(裏)

ホームへ戻る