前ページへ>田舎体験  ふるさと手創り倶楽部 2005年度活動    
和歌山ワカヤマほんものの田舎イナカ体験タイケン 
〜 和歌山で親ふるさと探し 〜 (第2回) イロガワ古座コザガワチョウヘン
古座川町「みんなの店」イベント参加
朝市アサイチ準備ジュンビ
        テントりもわり、体験タイケンブース
では色川の出品者と共におキャク
ムカえる準備ジュンビ
レイアウト、レジガカリみなど
役割ヤクワリ分担ブンタンもなごやかにススむ。
「まるで家族カゾクみたい」
「じゃあ、ワタシ看板カンバンムスメね」(ワラ
ナメコのキン体験タイケン
 モリソダてるには間伐カンバツかせない作業サギョウ。その間伐カンバツザイユウ
コウ利用リヨウ目的モクテキ研究ケンキュウ。ヒノキとナメコキン相性アイショウ一番イチバンだったとか。
 一年後、環境カンキョウがよければれたてのナメコがべれますよ。
野田先生ノダセンセイ。             ながら所得ショトクにつながらないかな?
北海道ホッカイドウ大学ダイガク和歌山ワカヤマ演習エンシュウリンチョウ ノダ先生センセイ説明セツメイ     ドリルでアナあけ
       ナメコのコマキン     地元ジモト人達ヒトタチ体験タイケン
 
堆肥タイヒヅク
   イマナマごみを収集シュウシュウしてやしていますがムカシ各家庭カクカテイ肥料ヒリョウにす
  るため堆肥タイヒヅクりをしていました。農業ノウギョウツチツクりから。
安心アンシン安全アンゼンツチヅクりと環境カンキョウ配慮ハイリョ
たゴミの有効ユウコウ利用リヨウ生活セイカツ知恵チエ
と、みんなのミセ理事リジ新屋シンヤさん
新屋シンヤ農園ノウエン代表ダイヒョウ
家庭カテイからナマごみ 堆肥タイヒになる